2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.25 (Fri)

2月 2/2回目のレッスン

今日は、久々のレッスン日。

先生、お帰りなさい~と挨拶を交わし

ドイツでの話も少しお聞きし、

レッスンスタート♪

むず、小野アンナ音階教本より

★1ポジだけバージョンのイ短調の音階と

★ポジション移動ありのイ短調の音階。

この2つは、発表会が終わるまでずっとします!とのこと。



続いて、

新しいバイオリン教本3

★3ポジションの音階
★2ポジションの音階

15番と3番  合格


次は6番と16番が宿題



★ヴィヴァルディ a-moll 3楽章

じゃぁ~発表会の曲始めましょう~

どうです?(見てこれました?)

って聞かれたので、一応最後まで見てきました!

と答えたら、

おぉ~!すごい~!!

じゃ~最後までちょっと弾いてみましょう

って事で、最後まで1回弾きました。

弾き終わった後、先生から

すごいですね~!すごく練習したんじゃないですか?!
やっぱり好きな曲だと違いますね~!

とずいぶん、褒めて頂きました。


基本、私の先生は褒めて伸ばすタイプの先生です。


音程は

1ポジのファの音を♯ファで弾いてたのと、2~3箇所高かったところはあったのですが

ポジション移動の音程はばっちしだったそうです。

ついこの間ポジション移動始めたのに、音程ばっちしです!とまたまた褒めていただきました。


あと、指つかいを通常なら2の指でいいんだけど3の指をつかったほうがスムーズに弾けるので

そこを直して、弾きなおしました。

(ちゃんと楽譜を見ると、3とふってありました(._.))




ということで、これから音楽的に仕上げていきましょう!

いよいよ本格レッスンスタート♪

やっぱりちゃんと弾けてからが本当のレッスンスタートなんですよね~


最初の出だし

同じフレーズが2回続くのですが

1回目はフォルテ 2回目はピアノ

硬い音になりすぎないように

先生に見本を見せてもらって弾いてみる。


ピアノの部分は、もっとやさしく~

あと、ミ ラ シ ド シ ラ~

最後のラ~にビブラートを入れる。

次の ミ ド ド ド ド  ~ この部分は、弓を大きく使ってなめらかに

そして ド レ レ ド  ド レ レ ド この部分は弓を小さく使う

シ シ シ シ  弓大きく なめらかに

シ ド ド シ  シ ド ド シ  弓小さく

ラ ラ ラ ラ  弓大きくなめらかに


弓の使い方を教わり、右手の小指をつかってなめらかに弾くのを何回かしました。


次のソ ファソ ラ シラ  ソ ファソ ラ シラ


の部分は、前の部分でなめらかに弾いているので、ここでは、ちょっと切るような感じ?

最初のソ

このソで、弓はコンパクトに弾くんだけど、速く動かす。

そうすると、前のなめらかさから、メリハリが出る。

などなど・・・・いろいろ教わりました。

今日は、この辺で終わりました。

またまた終わったあとに先生が

すごく練習したんでしょうね~と。

前回、説明してもらった時は、こんなポジション移動だらけ・・弾けるのか??と不安になってたのを覚えておられたようです。

先生のいない間、まぁがんばったことには間違いないです。。


教本もがんばって練習してるんですが・・・

やりたい曲だとやっぱりテンションが違うのは確かです。





充実したレッスンでした~

家では淡々と弾いてので、今日教わっただけでもずいぶん音楽的になってきたと思います。

やっぱりやりたい曲にしてよかった(*^_^*)

今日、教わったことを忘れないうちに!!って事で家帰ってすぐに練習しました♪




 











 
   
スポンサーサイト
22:00  |  バイオリンレッスン  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。